ロー カカオニブ

※2017年よりスリランカ産からウガンダ産に変更されました。

非常に貴重な有機のカカオ豆を原料とした、いま話題のスーパーフードです。
低温処理加工(ローフード)でカカオの栄養と風味をそのままとじこめました。

カカオニブとは?

カカオニブ写真

チョコレートの原料として有名なカカオ豆。そのカカオ豆を砕いてフレーク(チップ)状にしたものをカカオニブと呼びます。さらに、カカオニブを粉末状にしたものがお菓子作りによく使われるカカオパウダーです。

カカオ豆の栄養

カカオ写真

原材料のカカオ豆には食物繊維、カルシウム、鉄などのミネラルが豊富に含まれており、栄養価の高い食べ物として注目を集めています。さらに、抗酸化作用があるといわれるポリフェノールも多く含まれています。ポリフェノールの中でも特に多く含まれているのが緑茶で有名なカテキンです。カカオに含まれるカテキンの量は緑茶のおよそ4倍ともいわれているのです。
基本的にカカオはチョコレートとして食されますが、市販のチョコレートの多くには製造の過程で白砂糖や油脂類が添加されているため、カカオの栄養だけをダイレクトに摂取することが難しくなってしまいます。
カカオニブはカカオ豆そのものなので、朝食のシリアルに加えて、アイスクリームやヨーグルトにかけて、ハチミツと混ぜてパンに塗って、毎日のお食事にプラスして手軽に栄養を摂ることができます。
カカオの香りを活かして、肉料理を作る際のアクセントにするのもおすすめです。

安全上のお知らせ

ローフードの特性上、加熱して使う場合栄養が失われてしまうことがあるため、できるだけ加熱せずに使う事をお勧めします。
製品の性質上カカオの殻や皮が混じっていることがございますが、健康上の問題はございません。

原材料 有機カカオ豆(ウガンダ産)
内容量 150g,300g
賞味期限 製造日より6ヵ月
販売価格 2,268円(税込)
サイズ